読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知識ゼロの子育て主婦が借金回収に頑張ったブログ

債権者と債務者、どっちが貸している方かすら知らなかった、知識ほぼゼロの30代主婦が、貸したお金を丸4年かかって全額回収しました。子育てや日常等も書いています。

【スポンサーリンク】

空気がよめない

      「イラスト 空気...」の画像検索結果

子供の保育園のクラス、今回持ち上がりでメンバーもまったく一緒でした。

※去年は2クラスが合併して10人から20人くらいに増えました。

 

ただ1人だけ幼稚園にかわったので、お別れがありました。

終業式の少し前にお別れ会のようなものがあったらしく、その日娘が「女の子何人か泣いていた」と話してくれました。

おぉ、お別れがわかって、感受性が豊かで皆かわいいなぁと微笑ましく話を聞いていたのですが、「〇〇(娘)と△△ちゃん(クラスの女の子)だけゲラゲラ笑っててん」と「××君(クラスの男の子)は踊ってた」と笑いながら教えてくれました。

皆で泣いてお別れを悲しんでいるのに、うちの娘だけゲラゲラ笑ってるって・・・。××君は男の子だからまぁいいとしてどんな状況よ・・・と空気がまったく読めていないことに少し心配になりました。

 

しかしこちらからも質問したりして、さらに娘の話を聞いてみると、幼稚園に行くという当の本人も幼稚園がとっても楽しみならしく全然泣いてなく、その男の子と一緒に踊っていたそうなので、安心しました。

 

最終日のお迎えがちょうど一緒だったので、お別れの光景を実際に見ることもできました。

皆が下りてきて、一人一人握手したりハグしたりして、話通り泣いている女の子も数人いました。

その子自体は笑顔でバイバイしていましたが、その子のお母さんがその光景に感動してちょっと泣いていて、私ももらい泣きしそうになりました。

我が娘はと言うとお迎えが嬉しいらしく、その列に並ばずスルーして私と息子にべったりでした。

 

最後駐車場まで一緒だったので、プレゼントを渡して2人とも笑顔で帰りました。

そのお母さんとは一緒に役員をしたことがあり、唯一メールする間柄で、遊ぼうと思えば遊べるので子供もまた会えることを楽しみにしています。

 

hayokaese.hatenadiary.com

 

 

入園・進級式

子育て

    「イラスト 入園...」の画像検索結果

先日、保育園の入園・進級式でした。

保育園も4年目となると勝手もわかってくるので準備は万端でしたが、それでも途中で下の子がぐずりはじめたりと、式自体はたった1時間程度でしたが大変でした。

同じクラスのお母さんは下の子も今年入園で、0.1.2才児と3.4.5才児で式が分かれているので、同じ説明を同じ日に2回聞きに行かないとダメだったらしく、私よりずっと大変そうでした。

 

上の子は育休明けの11月と、途中から保育園に入ったのですが、1番はじめの進級式では、親も子供も何を着て行ったらよいかが1番迷いました。

預ける時も迎えに行く時も先生方は忙しそうで話しかけたら悪いなと思い、連絡ノートというものもありますが、くだらないことを聞いていいのかな?とか遠慮して日々の小さな疑問や心配事等もほぼ相談できずに過ごしていました。

 

思い切って服装を確認したところ「皆さん色々ですよ。そのまま仕事に行かれる方もいますし」と言われ、ますます何を着て行ったらいいのかわからなくなりました。

とりあえず私も娘もややよそいきくらいの服装で行きましたが、先生の言う通り、我が園では親も子供も普段着の人もいれば、ややよそ行きの服、がっつりよそ行きの服の人と様々でした。

 

焦ったのが、親も横や後ろに寄り添ってクラス皆で集合写真を撮ったことです。入園・進級式は終わってみればそんな気負うこともなかったなぁと思えましたが、写真に残る(そしてすっかり忘れた1年が終わる時にその集合写真が皆に配布される)なんて、こましな服で行ってよかったと思ったことをよく覚えています。

 

そんなこんなで保育園の行事(運動会や発表会)の流れや服装等もすっかりわかり、去年のクラスからは集合写真も子供だけになった(子供だけで座って待ってられる学年になった)ので、今回は私だけ思っ切り普段着、下の子は関係ないので普段着の中でもおしゃれめなやつを、上の子だけややよそ行きの服(フォーマルとまではいかないけど、公園では遊べなさそうな服)でつけ毛までつけちゃったりしてやや張り切りスタイルで行きました。

 

子供と言えども4歳にもなるとおしゃれにうるさく(センスはないですが)、数週間前に一緒に服と靴を買いに行き、鏡の前で何度もくるくる回って、なんでもない休みの日にも着て喜んでいました。

他の子もおしゃれをしていて、いつも(体操服)と違う装いで皆キャピキャピして嬉しそうでかわいかったです。

 

園にはママ友と呼ぶような人は特にいませんが、送り迎えや行事の時に挨拶や軽く言葉を交わす程度の人はいて、同じクラスのお母さんならだいたい誰かわかる感じです。

式の帰りに近くのマクドに寄る予定だったのですが、同じクラスのお母さんも「私も寄ろうかな」とのことで一緒に食べました。他にも同じクラスの方が5、6人いて、席は違うけどお友達がたくさんいて、子供達はとても喜んでいました。

 

おしゃれもできてお友達と一緒にいつもとは違う場所でごはんが食べれて、とてもいい1日でした。

 

 

 

浜寺公園

子育て

    「浜寺公園 汽車」の画像検索結果

家から車で30分〜1時間くらい走らせたら、大きな公園がいくつかあり、浜寺公園もそのひとつです。

広すぎて4歳と乳飲み子を連れて歩くには大変そうという理由で避けてきましたが、暖かくなってきたし、3連休だし、いつもと違うところへ行ってみようと思い、先週行ってきました。

 

夏季限定ですが、浜寺ジャンボプールという大きなプールもあり、そちらも人気があります。

私が小さい時に父親によく連れてってもらっていたのですが、ゴーカードや園内をまわる汽車もあり、ちょっとした遊園地気分を味わうこともできます。

 

 ちなみに半年くらい前に、娘の保育園でもバスと路面電車を乗り継いで浜寺公園へ行く遠足がありました。

我が子を車に乗せて行くだけでも大変なのに、先生方にはほんとに頭が下がります。

 

駐車場がいくつかあり、「第1駐車場」と言うからには1番遊び場等に近く、便利なんだろうなと思って停めたのですが、歩いてもなかなか遊具が見つからず、案内板があったので見ると1番遠い駐車場とわかってがっくりしました。

※プールからは1番近かったです。

 

結局第3駐車場が1番遊び場から近かったようで、そこに着くまで30分くらいかかってしまいました。

 下の子が寝たので、その隙にとコンビニで買ったお弁当を先に食べました。

 

遊具も近かったけど、とりあえず汽車(片道10分くらい、大人300円、子供140円)に乗り、公園の端に着いたのでその後はそこから反対の駐車場まで戻りながら遊びました。

 

ゴーカードに乗ろうと思ったら2人乗りと1人乗り用しかなく、下の子を抱いて3人では乗れないようで、1人乗りも120センチ以上または8歳以上じゃないと乗れなかったので残念でした。

 

代わりにバッテリーカーという100円入れたら動く車に乗ってそれなりに満足していました。

 

そこからすべり台やアスレチック等の遊具が離れて3ヶ所に渡ってあったので、それぞれ心ゆくまで遊び、10時半に到着して3時半までがっつり遊び倒しました。

 

公園にはトイレがわりと多めにあり、オムツ替えシート等もあったので助かりましたし、木登りできたりバーベキューができたり(自分で全部用意がいりますが)とまだまだ遊べそうな感じです。

 

汽車の値段を忘れたのでネットで調べてみたら、26インチだけですが無料で自転車も借りられるそうです。

他の公園と比べたら少し駐車代は高いですが、花火大会やらフリマ等のイベントがある時もあるので、また機会があれば次は第3駐車場に停めてリベンジしたいと思います。

 

 

 

 

和歌山マリーナシティ ポルトヨーロッパ

子育て

   「マリーナシティ」の画像検索結果

旅行に行きたいと思っていたものの、2月下旬までは保育園の発表会の練習があるから休めず(熱心な保育園の為、「練習中は私用ではあまり休まないように」とお知らせされています)、終わってからどこかへ行けたらいいなと密かに思っていました。

ありがたいことに2月は予想以上に自営の仕事が入り、旅行どころではなかったので結局どこへも行けていませんでした。

3月は忙しいことはわかっていたので4月のGW前に行けたらなと思っていますが、大きい仕事が2つ入り、また計画倒れに終わりそうです。

 

旅行へは行けなかったものの、3月1日にぽっかり休みがとれたので、前々から娘が「前行った乗り物がいっぱいあるとこに行きたい」と言っていたので遊園地に行くことに決めました。

家から1~2時間程度で行け、なおかつあまり混んでいないところがいいと思い探しましたが、ことごとくどこも閉園。

遊園地は水曜日がお休みのところが多いようです。

また、春休み前の点検作業の為なのか、3/1~上旬までお休みというところもありました。

 

結局ユニバーサルスタジオジャパンポルトヨーロッパしか開いている遊園地がなく、ユニバはもうちょっと先でいいかなと思い、気楽に行けるポルトヨーロッパにしました。

ホームページを見ると「ポルトヨーロッパが入場無料に!」と書かれており、ド平日だし人も少ないだろうなと思っていましたが、本当に少なかったです。

規模も大きくなく広すぎず、貸し切り状態のような感じだったので、4歳の娘と7ヶ月の子を連れて回るにはとてもよかったです。

※小学校高学年くらい~だとつまらない物足りないかもしれないと個人的には思いました。

 

我が家は遊園地ではいつもこのパターンで、子供と父親がフリーパスを買って好きな物に乗りまくり、皆で乗りたいとなった時のみ私だけ乗り物券を購入しています。

※前回は妊娠中、今回は赤子がいる為乗り物に乗れないので購入していませんが、下の子がもう少し大きくなったら皆でフリーパスで遊びまわりたいと思います。

 

乗り物は120CM以上じゃないと保護者同伴でも乗れない物もありましたが、娘は怖がりの為、乗れなくても充分楽しんでいました。

口コミに「イルカショーがいい」と書かれていたので、事前に時間を調べて見に行きました。

人が少ないので観客も15人程と少なかったですが、その分スペースを気にすることもなく、好きな所に座れました。

はじめて見るイルカにも感動していたし、ショーもとても楽しかったようで、娘は乗り物よりイルカが一番気に入ったようでした。

このイルカショー、なんと無料で見ることができます。

ショーが終わってからも練習なのか、河川をイルカが泳いだりしており、「またイルカさんが見れた」とテンションが上がっていました。

 

食事は隣接の黒潮市場に行き、海鮮丼(2000円くらい)とサバ寿司(5切れくらいで1000円くらい)を頼んだのですが、まぁまぁいいお値段。

おいしくて安い物がたくさんあるので、値段の割にごくごく普通…とも感じましたが、行楽価格として納得しました。

娘がうどん定食みたいな物(安心価格の1000円くらい)を頼んだので『え?ここに来てうどん?』と思ったけど、寿司とよく合い、結果1番いいチョイスでした。

 

午後からも戻って少し遊び、途中雨が降って来たので帰ったのですが、午前の時点で遊び尽くしていたので未練も残りませんでした。

待ち時間もなく、ちょっとさびれているくらいがちょうどいいので私達家族にはとてもよい遊園地でした。

 

※他にも別料金で入れる迷路みたいなアトラクションもあり、子供がもう少し大きかったら喜んで行くだろなと感じました。

またごはん処ではバーベキューができるスペースもあり、暖かくなってきた今頃ならそういうお昼もいいなと思います。

 

 

市民ふれあいの里(りす園)にまた行ってきました

子育て

    「イラスト リス」の画像検索結果

以前行った娘お気に入りのリス園。

 

hayokaese.hatenadiary.com

 

あれから密かにもう一度行っていました。

初回に行った時は口コミ通り、「午後から行ったらリスがおなかいっぱいや眠くなっていたりで出てこない」とのことで、14時頃はリスもあまり出てきませんでした。

 

 

2回目に行った時も思いつきだったので午後からと到着も遅くなり、前回の経験上、リスとはあんまりふれあえないのを覚悟の上で、遊具重視で行きました。

ところがどっこい、寒いから人があまり来なかったのか(=餌をもらえていなかったのか)、リスがいないどころかうじゃうじゃおり、何やら肩にのられている人までいました。

午前中のおなかが空いているであろう時ですら、まさに「リスとふれあえる」という感じで子供達が餌をあげる微笑ましい光景だったのですが、2回目の時は檻に入るなり手に持った餌の入ったコップに飛びついてきました。

子供は餌をあげるどころか怖がってしまい、餌を渡せなくてモタモタしていたら私の肩にも飛び乗ってきました。

下の子を抱っこ紐で抱えていたので、ひっかかれたらイヤだなと思い、餌を撒いてそそくさと出て、その日は遊具で遊んで帰りました。

 

この間の日曜、久しぶりに前職の同僚の方からお誘いを頂いており、あちらにもお子さんがいるので、人が少なくてちょうどいいリス園を提案したところ、行ってみたいと言って下さったので行くことになりました。(3回目)

いつもナビで設定しているのに、ちょっと逸れた所に着いて少し迷うのですが、今回は目的地にばっちり着きました。

私がここを気に入ってる理由の1つとして「程よく空いている」が大きくあるのですが、3連休だからか暖かくなったからか、駐車場に入るまでに渋滞ができており、入るだけで数分待ちました。

 

そうなるとリスももちろんおなかいっぱい。

餌は一口も食べてくれませんでした。

ほとんど出てこなかったので、せっかく連れてきたのに申し訳ないなぁと思っていましたが、リスの姿を見るだけ、寝ているリスをツンツン触るだけでも楽しそうにしてくれていたので、勝手にヨシとしました。

 

すべり台ばかりの遊具も、子供には魅力的のようで、こちらではうちの子も心ゆくまで遊び倒していました。

1度も手をつないだり、一緒に滑ったりはしていませんでしたが(ボール遊びでは一緒に遊んでいましたが)、お互いの姿を確認したり、たまに何か会話していたりで、各々とても楽しそうでした。

子供は満足していましたが、次は午前中に行って、リスの餌付けも体験してもらいたいなと思います。

 

 

【スポンサーリンク】