読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知識ゼロの子育て主婦が借金回収に頑張ったブログ

債権者と債務者、どっちが貸している方かすら知らなかった、知識ほぼゼロの30代主婦が、貸したお金を丸4年かかって全額回収しました。子育てや日常等も書いています。

【スポンサーリンク】

公正役場に行く約束をとりつける

     f:id:hayokaese:20160427150102p:plain

しかしこれでは終わりません。

旦那は「より効力の強い公正証書をこれから交わしに行きたい」と切り出しました。もちろん費用がいくらかかるとか、それも負担してもらいたいこと、破ったら強制執行できる効力があることも伝えました。

しかし公正役場はそこから車で30分くらいかかります。

先輩の子供を迎えに行く時間も迫っています。(2時と言っていたので)なにより、子供を預ける相手がいない(自分の親も仕事をしているので、夜しか無理とか言っていた)と言い張り、ずっと会うのを先延ばしにしていた人です。

そんな状況の人が今日言われて急に預け先などできるものかと思いました。

先輩も「今日はそんなところに行くと思ってなかった。子供も迎えに行って預けないとダメだし・・・」と言いましたが、旦那は押し切り、相手もなんとかしますと、その日に公正役場に行く約束をしました。

その場で役場に連絡をすると、遅くても16時には入って欲しいと言われました。

間に合うのか先輩に何度も確認し、「もし間に合わなかったら?」とまで聞きましたが、旦那は「いけますよね?」と確認し、「間にあうように行きます」と言わせて一旦解散しました。

そしてその間によく契約書を読んでおいて欲しいと伝え、一度解散しました。

 

 

【スポンサーリンク】