知識ゼロの子育て主婦が借金回収に頑張ったブログ

債権者と債務者、どっちが貸している方かすら知らなかった、知識ほぼゼロの30代主婦が、貸したお金を丸4年かかって全額回収しました。子育てや日常等も書いています。

【スポンサーリンク】

仲間?

    f:id:hayokaese:20160310004457p:plain

私が作成している間、窓口には誰も来ませんでしたが、しばらく経つと少し年上の女性の方が公正証書のような物を持って来られました。

ジロジロ見るのも失礼だし、なにより自分の分をさっさと終わらしたかったので、必死に計算したり書類を書き直しては提出して、訂正してもらったりをしていました。

添削してもらうのを待っている間、窓口でのやりとりでどうもその女性は、すでに何度か来られているようでした。

そしてここにきているということは、養育費だか借金だか、理由はわからないけど、何かしら理由があって、私と同じように返済が滞っており、債権差押えに踏み切っているんだろうなと思いました。(執行部という窓口だったので)

書き直してきた書類を提出していましたがそれでもまだ不備があるらしく、私とは違う方が担当になり説明を受けていました。

そして「つきっきりで教えることはできないので」と言われ私と同じく何度も書き直しをしていました。

そしてまだ2時半くらいだというのに、「4時に完成したとしてもそこから確認し、確認にも時間がかかる」し、手続きの締め切り日があるようで「何日以降は来月分の取り扱いになるので、じっくりやり直してきて、またその時に再度出しては?」と言われていました。

私もはじめに「今日ですべて終わって間に合ったらいいけど...」と担当の方に言われていたので、なんとも言えない気持ちになりました。

そして私はここに来るだけで1時間半もかかるので、多少の不備でまた出直すなんて絶対したくないと思い取り組んでいたので、その女性の担当の方のお役所仕事的な対応にも少し腹が立ちました。

 

私はやっと「これで大丈夫と思う」と言われ完成した書類を次の課へ回してもらえたのですが、本当に時間がかかるようで、その確認して頂くのもけっこう待ちました。

昼休憩後すぐにいき、全く混んでいなかったけど3時間ほどかかってやっと終わりました。

 

広告を非表示にする
【スポンサーリンク】