読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知識ゼロの子育て主婦が借金回収に頑張ったブログ

債権者と債務者、どっちが貸している方かすら知らなかった、知識ほぼゼロの30代主婦が、貸したお金を丸4年かかって全額回収しました。子育てや日常等も書いています。

【スポンサーリンク】

今後貸してと言われたら

借金

 

     f:id:hayokaese:20160309161510p:plain

こんな目に遭ってるのに呆れられると思いますが、今も親しくしていて信頼関係も強い人が本当にお金に困っていて助けを求められたら、私はまた貸すかもしれません。(今回貸した方や久しぶりに会う人、あまり親しくない人は論外です)

私が親しくしている友人は、まずお金に困ってないし、困ったとしても絶対自分でなんとかし、友人に迷惑をかけるようなことはしない人たちだからです。そんな友人がせっぱ詰まって言ってきたら...。

ただもうその時はあげてもいい額を渡すと思います。

それ以上の額が必要な場合は保証人をつけてもらい、担保も確認し、公正証書を交わしてそこまでしてくれるなら貸すことにしようと思います。

ただ、お金を貸すことは結局はその人のためにならないので、できる範囲のこと(お米や野菜をあげたり、車を出してあげたり、職を一緒に探してあげたり?)をするのが正解だと思います。

また、自身が借りることはないと思いますが、万が一友人に借りることがあるのなら、逆に自分も最低限ここまで用意してはじめて借りることをお願いしようと思います。

私はこれまで幸いなことに、宗教やねずみ講の勧誘、借金の申し入れ等とは無縁な人生を歩んできました。免疫がないので「お金を貸して」と言われた時の断り方がわからなかったのです。これはこまかい人や冷たい人と思われたくないという現れなのかもしれません。

皆知ってると思いますが、「貸してあげたいけど、私もお金がない」、しつこい相手には「逆に私の方が貸して欲しいくらい」の一言でいいようです。そんなことも知りませんでした。

【スポンサーリンク】