読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知識ゼロの子育て主婦が借金回収に頑張ったブログ

債権者と債務者、どっちが貸している方かすら知らなかった、知識ほぼゼロの30代主婦が、貸したお金を丸4年かかって全額回収しました。子育てや日常等も書いています。

【スポンサーリンク】

食物アレルギー 〜判明してから

    f:id:hayokaese:20160405152417p:plain

子どもにはアレルギーが出るとされる物は与えないようにしていましたが、両両親は何度言ってもそれらを守ってくれませんでした。

クッキーやケーキ、プリン等欲しがってるから(自分があげたい)という理由で気にせず与えていました。
その場にいる時は毎回「小麦が入ってるから」等と遮りましたが、目を離したり預かってもらっている時はほぼ100パーセント与えてました。
ヤクルトも「体にいいから」と何度『乳製品』と言っても与えているので、連れて行ったり、預けた自分が悪いと割り切ることにしました。
 
皮膚科にも通っていたので、先生にアレルギーのことを相談すると、「小さいうちは抵抗力が弱いから(アレルギーがある子は)多いこと」「大きくなって体力がついてきたら食べられる物も多くなるであろうこと」「牛乳と卵以外は少しずつ与えて様子を見てもいいと思う」等を言われました。
確かに検査前は離乳食で少しあげていたし、両両親は気にせず与えているので、症状が出ないようならそこまで神経質にならなくていいかなと思い、少量だったら気にしないようにしました。
 
また、「身体にかゆみやできものができた時は熱を出す前兆であることが多い」と教えて下さいました。
 
近くのクリニックでは「(アレルギー反応が出た物は)一切除去。親もそれらの食べ物は控えるように」と言われていましたが、今の時代が詳しくわかりすぎるだけで、自分の小さい頃はアレルギーとかそんなに気にしていなかったので、皮膚科の先生の考えを推奨することにしました。
 
先生によって、意見が全然違うことはよくあります。
頻繁にブツブツが出ていたら完全除去にしようと思いますが、それ以降特に目立った症状も出なかったので、自分が納得した方の意見を取り入れていました。
 
 
 
 
 
【スポンサーリンク】