読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知識ゼロの子育て主婦が借金回収に頑張ったブログ

債権者と債務者、どっちが貸している方かすら知らなかった、知識ほぼゼロの30代主婦が、貸したお金を丸4年かかって全額回収しました。子育てや日常等も書いています。

【スポンサーリンク】

急遽立ち会い出産に

子育て

    f:id:hayokaese:20160806233030p:plain

1人目出産の時、なんとなく夫は出産に立ち会うものだと思っていました。

私の通っていた産院ではバースプランというものがあり、どんなお産がしたいか希望することができます。

 

hayokaese.hatenadiary.com

 

その中に「立ち会い出産がしたい」という項目もあったので、帰って主人に確認したところあっさり「しない」と。

私も絶対立ち会い出産したいという強い希望もないのと本人がしないと言っているので、無理につきあわすこともないなと思い、立ち会い出産はしないことになりました。

 

が当日は会社を休んで、分娩室に入るまでの陣痛室では母とずっと一緒におり、私が痛がる横で助産師さんに促され、夫が腰をさすったりしてくれていた為、ほぼ立ち会い出産と変わらなかったと思っています。

※陣痛室での方が時間も長く痛がっており、分娩室ではかなり冷静で痛がることもなかった為、むしろ分娩室での勇姿を見て欲しかったと思っています。

 

 

今回の2人目出産ももちろん「立ち会い出産はなし」と病院に伝えていました。

陣痛が始まると義両親に病院に連れて行ってもらい、陣痛室では義母と二人で過ごしていました。(主人は仕事の為)

昼過ぎに入院しましたが、1人目の出産が早かったこともあり、きっと夕方までには産まれるだろうなと思っていたし、義母にもそのように話していましたが、義母は「まだまだ。早くて夜中になるだろう」と言っていました。

予想通り、子宮もどんどん開いていき、かなり早い段階で分娩室に移動することになりました。

「前回も1人だったし、病院にも立ち会いしないと伝えているので1人で大丈夫ですよ」と義母に告げましたが、「(息子はさっさと来ないで)何をしているんだ」と「それまで私が一緒にいるから」と半ば強引に義母が途中まで立ち会い出産することになりました。

分娩室で痛みに耐えていると主人が到着し、義母と交代し急に立ち会い出産に巻き込まれた感じになっていました。

 

1人目の時は言われるがまま「いきんで~」の声に合わせていきんだだけでしたが、なんと今回は子宮が全開になってからも「痛みの波が来てもいきむな」と言われてしまい、???となりました。(いきまなくても自然に出てくると判断したそうです)

言われるがまま従っていましたが、途中からは「いきんで」に変わったので、また???となりながらも指示に従っていきんでいましたが、なっかなか出てきませんでした。

前回も『あと何回いきんだら出てくるんだろう』と思っていましたが、今回はそれプラスかなりの痛みもあり、何度いきんでも頭が見えては引っ込んでを繰り返していたようです。

最終先生が2人になり、一人はおなかに乗って押し出しており、助産師さん2人ががりで下から赤ちゃんを引きずり出していました。

前回は冷静だったものの、今回は勝手もわからず、前回と同じようにしているものの全然進まなかったので、体力的にもしんどく過呼吸になるんじゃないかと思ったのと、軽くパニックになっていました。

 

主人はというと、普段スマホばっかり見ていますが、巻き込まれたとは言え空気を読んでこの時ばかりはスマホは出しておらず、ただただ黙って座っていました。

助産師さんは黙っている主人を見て「気分が悪くなりましたか?」と何度か声をかけていましたが、きっと『なぜここに座ってる(立ち会い出産してる)んだろう、何しとこう・・・』と思っていたに違いないと思います。

途中からは助産師さんにうちわがあることを教えてもらい、仕方なくあおいでくれていました。

私も私で、『スマホ見ておくわけにもいかないし退屈だろうな。そもそも立ち会いしないって言ってたのにかわいそうに。私も存在が気になって集中できないし・・・。』と痛いながらに思っていました。

 

お互いなぜ立ち会いになってるんだろうと思いながらも無事産まれ、特に感動することはなく(私はやっと出てきてのでほっとしました)終わりましたが、なかなか大変だったところも見てもらえたことだし、これはこれでよかったかなと思うことにしました。

 

【スポンサーリンク】