読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知識ゼロの子育て主婦が借金回収に頑張ったブログ

債権者と債務者、どっちが貸している方かすら知らなかった、知識ほぼゼロの30代主婦が、貸したお金を丸4年かかって全額回収しました。子育てや日常等も書いています。

【スポンサーリンク】

なぜさっさと相手の旦那に言わないのか

借金

    「話す イラスト」の画像検索結果

私は貸した時から返ってこなかったら相手の旦那さんに相談しようと思っていました。

また、はじめて借金を打ち明けた同僚も、(相手の)旦那に言ったら?と言っていましたし、他の関係ない友人に話しても(最近はごくわずかな人に話してます)旦那に話したらいいのにとなりました。

 

しかし私の旦那は絶対相手の旦那に言うということをしませんでした。

【借金は保証人にでもなってない限り、本人以外に支払う義務がない】と知っていたからです。

 

それでももし私の旦那が友人にお金を借りていて、その友人が私も面識がある人物で家に取りにきたら、絶対話を聞くし、その場ですぐお金を返すことはないにしても旦那に事実確認をし、返すように説得するし、家計が厳しければ少しずつでも返せるようにしようとすると思います。

 

相手はずっと旦那にバレることを恐れており、なおさら都合がいいと思っていました。

法的には第3者(たとえ親でも)に借金のことを勝手に話してはいけないようですが、ネットにも「相手の実家に行って親に返してもらえ」とたくさん書いています。

相談した弁護士さんも「あえて話すのはいけないけど、その場にいて耳に入って結果わかってしまう程度なら大丈夫」と言っていました。

 

頑なに旦那さんには取り立てたり話そうとしないのでなぜか聞いてみましたが、理由は「相手が旦那にバレたくないと言っているから」もあると思いますが、「話が通じない相手を2人も相手にしたくないから」とのことでした。

「夫婦の片方がおかしかったら(そんなのとつきあっていける)相手(旦那)もたいていおかしい」と。

また、「そんなやつなら、何度もやっている可能性があって、げんに家計も握らせてもらってない(と話し合いで言っていた)。旦那もまたかと思ってて、俺は知らないって言われたらそれで終わりだから」とのことでした。

【スポンサーリンク】